「ウィルキンソン炭酸水」強炭酸の代表格は日本のタンサンの元祖!?

毎日炭酸水を飲んでいます。

特に国産が好き。家に何本もストックしています。

中でも、「ウィルキンソン」はお気に入りです。

スポンサーリンク
炭酸水レクタングルPC

強炭酸と言えばウィルキンソン

強めの炭酸が好きな方は、このウィルキンソンがおすすめです。

蓋を開けた瞬間、シュワシュワと泡がはじける強炭酸水です。

しかし最近は、ウィルキンソンをさらに上回る強炭酸が新しく出てきています。それらと比べると、飲みやすいと思います。

飲み比べが気になる方はこちらへ。炭酸水飲み比べ17本、強炭酸&飲みやすいさランキング、オススメはコレ!

味はなく、のど越しがよく、炭酸水好きのための炭酸水と言えます。私のお気に入りの炭酸水の一つです。

昔から、割り材としてもよく使われています。強炭酸ですので割って使っても、しっかり炭酸を味わえます。我が家では、カルピスを割るのに使っています。

様々な容器、サイズで展開しているので、使いやすい炭酸水です。ペットボトルより、缶の方が炭酸が抜けにくいという評価もあります。

実は日本のタンサンの元祖!?

ウィルキンソンという名前から、外国産と思っている方もいるかもしれませんが、実は日本の炭酸水です。

日本に定住していた英国人、クリフォード・ウィルキンソンが、兵庫県で天然炭酸鉱泉を発見。

1904(明治37)年に、ザ・クリフォード・ウヰルキンソン・タンサン・ミネラルウォーター・カンパニーを設立し、ウヰルキンソン・タンサンとして販売しました。そのため、ウィルキンソンのパッケージには、「Since 1904」と書かれています。

それまで日本では炭酸水のことを「ソーダ」と呼んでいました。「タンサン」と名付けられたのはウヰルキンソン・タンサンが初めと言われています。

天然か人工か?

ウィルキンソンのパッケージには以下のように書かれています。

”ウィルキンソン、タンサン”は、1904年から高い品質とこだわりの製法で愛され続けている炭酸水です。ろ過を重ね磨き抜かれた水と強めの炭酸から生まれる、爽快な味わいをお楽しみください。

歴史を見ると、1904年には天然炭酸水として売られていました。しかし現在、日本の天然炭酸水は非常に貴重で、この低価格で販売されることはないでしょう。

アサヒ飲料のサイトでは、天然か人工かの記載はありません。日本の天然水とすれば軟水。カルシウムなど微量に含まれると思いますが、特に成分表記もありません。採水地の記載もありません。

現在は、天然炭酸水ではなく、天然水炭酸水か人工炭酸水かだと思われます。複数か所で採水された天然水炭酸水の可能性もありますが、無味なので人工炭酸水ではないでしょうか。


ウィルキンソン炭酸水を楽天市場で探す
ウィルキンソン炭酸水をAmazonで探す

ウィルキンソン炭酸水・データ

種類     人口炭酸水?

原材料    水、炭酸

採水地    表記なし

原産国    日本

硬度     表記なし

価格     500ml、95円(税別)

販売     アサヒ飲料株式会社

炭酸     強

容器     ペットボトル(500ml)

缶、瓶、サイズも複数あります。

買いやすさ  ★★★★★

スーパーやドラッグストアで取り扱っています。

ネットショップも取扱店が多く、買いやすい商品です。

飲みやすさ  ★★★★☆

炭酸は強いです。炭酸ののど越しはとても良いです。

強炭酸が苦手な方は、飲みにくいでしょう。

栄養成分   ☆☆☆☆☆

エネルギー  0kcal

タンパク質   0g

脂質      0g

炭水化物    0g

食塩相当量   0g

無糖ドライコーラ登場

ウィルキンソンのフレーバーは定番のレモン以外に、ドライコーラが2016年発売されました。透明無味でも、匂いはしっかりコーラです。

「おっ透明なコーラだ!」と思って飲んで、「あれ?」って感じになった人が、続出したとかしないとか。

カロリーオフのコーラではありません。コーラの香りを楽しむ無糖炭酸水です。私は結構好きです。甘いコーラよりも健康的ですよ。

スポンサーリンク
炭酸水レクタングルPC
炭酸水レクタングルPC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする