炭酸水の種類と選び方

最近ではたくさんの炭酸水が売られていますね。

どんな種類があるのでしょう?

スポンサーリンク
炭酸水レクタングルPC

水の種類の違い

炭酸水の種類は、水の種類で大きく3種類に分けられます。

天然炭酸水

天然水炭酸水

人工炭酸水

天然炭酸水

取水地の水自体が炭酸水のものです。自然な炭酸水ってことですね。

ヨーロッパに多いタイプです。ヨーロッパの地域によっては、炭酸水から炭酸を抜いてミネラルウォーターが作られる場合もあります。

日本の天然水の多くは炭酸を含みません。一部国内の天然炭酸水もありますが、数が少なく高価です。そのため、国内に流通している多くの天然炭酸水は輸入品です。

味も炭酸の強さも、取水地によって変わります。ミネラル補給もできます。

天然水炭酸水

取水地の水自体は炭酸水ではなく、後から炭酸水に加工したものです。

自然の湧水に炭酸ガスを加えて作ります。

日本の天然水の多くは炭酸を含みません。取水後、炭酸を加えるこのタイプが多いです。

味は取水地の水によって変わりますが、炭酸の強さは人工的に加減されます。

ミネラル補給もできます。

人工炭酸水

湧水ではなく、人工的に生成した純水を炭酸水にしたものです。

純水を炭酸水にしているので、ミネラル分はありません。

純水のためミネラルウォーターのような風味はありません。炭酸の強さは加減されます。

水の硬度の違い

水は軟水硬水があると聞いたことがありますか?

水の硬度の違いで区分されます。

硬度とは、水中のカルシウムとマグネシウムの合計含有量の指標です。

世界保健機関(WHO)基準値は1リットルあたり120mgです。

軟水

1リットルあたりのカルシウムとマグネシウムが120mg未満のものが軟水です。

日本の天然水も水道水も軟水です。

軟水はミネラル分が少ない分、味にクセがありません。

お茶を入れたり、だしをとったりするのに適しています。

日本人が一番の飲み慣れている水です。

硬水

1リットルあたりのカルシウムとマグネシウムが120mg以上のものが硬水です。

ヨーロッパの天然水に多いです。

硬水は硬度が上がれば上がるほど、ミネラルが多くなります。

ダイエットや、便秘解消、栄養補給に適しています。

日本人には馴染みがなく、味が苦手だったり、お腹が緩くなったりする場合もあります。

炭酸の強さ

炭酸の強弱は、好みがわかれるでしょうか。

炭酸の強さは、炭酸濃度で決まります。指数で表記したり、強炭酸・微炭酸の表記をしている商品もありますので、飲んでみて好みを見つけましょう。

強炭酸

ウイスキーなどを割るための炭酸水は、炭酸きつめがおすすめです。

ミネラルを多く含んだ水は、その成分によって炭酸を多く入れられません。

純水の炭酸水は、炭酸強めに作ることができます。

微炭酸

そのまま飲む用で、炭酸がきついのが苦手な方は微炭酸を選びましょう。

また、冷やさない方が、炭酸が弱くなります。

スポンサーリンク
炭酸水レクタングルPC
炭酸水レクタングルPC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする